経過観察その③ 逆流(MR)レベルが「高度」に( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

この日から少しずつ暗雲が立ち込めてきました。心エコーの結果、MR(逆流)の度合いがそれまでの中等度から「高度」に進行しているようだ、とM先生から告げられたのです。

 

MRが高度となると、基本的には手術をした方がよいレベルになってきているのだそうです。

ただ、先生も、相変わらず自覚症状が無く、他の値が全く変わっていないこともあり、この時点ですぐに手術を勧めては来ませんでした。念のためもう一度負荷心エコー検査をやってみて、心肺機能の低下が無いかも診てみましょう、と言う事になりました。

 

経過観察が始まって一年半、正直こんなに急に進行があるとは思っていませんでした。なので、この時点では、検査のミスか何かで、もう一度検査をしたら中等度っていう結果が出たりするんじゃないかな〜、なんて楽観的なことを考えていましたよ、ええ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。