経過観察その②

いつもの経胸壁心エコーによる経過観察です。

特に逆流(MR)の度合い、心肥大などに進展はありませんでした。

僧帽弁閉鎖不全と診断されてから一年ちょっとが経ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。